医師の夫の好物はうなぎと松茸とかき氷 ひつまぶしの食べ方
Pocket

毎日、暑いですねぇ。
こんなに暑いと、かき氷が大好きだった夫のことも思い出します

 

夫の好物はうなぎと松茸

 

夫自身も、おそらく医師になってお給料が増えて、

好きなものが買えるようになったので、

好物も変わったのではないかと思うんです。

 

ぜいたくといわれるものを食べたい!

という気持ちがあったのかもしれません。

わかりませんけど。

 

うなぎ

 

うなぎは好きでしたねぇ。

 

新婚の頃に、自宅マンション近くにあった歩いていけるうなぎやさんには、頻繁に行きました。

 

そういえば、その後も、さまざまなうなぎやさんに行きました。

ひつまぶしのおいしい所にも行きました。

 

どこでも顔なじみになっていて、

お店の方と楽しそうにおしゃべりしていましたね。

 

どのお店に行っても、明るくてすぐにお友達みたいに親しくなる人でした。

 

それが晩年には、特定のお店から嫌われることがあったんですが、あれはなんだったのかしら?

 

うなぎ ひつまぶしの食べ方

 

 

ひつまぶしって、うなぎが細かく切ってあって、

3通りもの食べ方ができるので有名です。

 

 

①最初はそのままで食べて

②2番目はネギとわさびで

③3番目はうな茶漬けで

④最後は自分のお好みの食べ方で

 

といった順番にいただきます。

 

まずは、おひつの中のうなぎののったご飯を十文字に四等分して、

四等分したひとつを小さいお茶碗に移し、そのままいただきます。

 

これで十分おいしいです。

 

次に、さらに四等分したもう一角をお茶碗によそって、

おネギとわさびを乗せていただきます。

ネギの食感と、わさびの辛味がうなぎの甘みを引き立ててくれて、なかなかこちらもおいしいです。

 

 

3番目は有名なうなぎのお茶漬け。

お茶碗によそった4分の1のうなぎご飯に、

お茶漬け用のお茶を注ぎます。

ここで、お茶でなくダシを出すお店もあるようです。

 

私はお茶漬けがだめなので、

ここの段階はほんの少ししかいただきませんでしたが、

普通の人はおいしい、おいしい、

と召し上がってます。

 

最後に残った4分の1は、

ご自分のお好みで。

3通りの食べ方のうち、気に入った食べ方でいただく、

というのはおすすめの順序のようです。

 

子供たちと行った地元のうなぎやさんのことが思い出されてきました。

今は、そのお店なくなってしまったみたいで残念です。

 

食事が終わって帰り際、

お店の方が、

「嫁に行った娘が妊娠したから、

先生、またお世話になるからお願いね。」

と言われたの、覚えています。

 

「忙しくてしょうがないから、

大きなおなかだけど、娘に毎日手伝いに来てもらってるの。

しっかり働いてもらわないとね。」

と、きっぷのいいおかみさんでした。

 

なつかしいです。

夫と、もう一緒にうなぎを食べられないと思うと、少し悲しくなってきました。

 

松茸

 

 

松茸も好きでした。

松茸の季節になると、喜んでスーパーで自分で買ってくるんです。

 

どうして、あんなに好きだったのか不思議。

 

松茸をそのまま焼いて食べるのが一番好きだったみたい。

とっても幸せそうでした。

 

医師になって松茸が買えるようになった幸せを感じていたのではないかしら。

 

 

私は土瓶蒸しなど、上手に作れませんでしたが、

それでも、なんとか似たようものを作った気がします。

 

 

松茸ご飯も作りました。

 

もっと、夫のためにお料理を真剣に勉強すれば良かった。

 

思い出していると、いろいろな後悔の念がわいてきますね。

私などが言うまでもないことでしょうが、

どうか旦那様を大切にして差し上げてくださいね。

 

かき氷

 

さて、夏に大好きだったものといえばかき氷。

 

暑くなってくると、

「かき氷 食べに行こう!」

と良く言ったものでした。

 

あまり外食に出かけなかった気がしていましたが、

それでも、家族で一緒に出掛けたこと、いろいろありましたね。

 

ほんとに思い出していると、胸が苦しくなってきます。

 

 

とくに抹茶の宇治金時が好きでした。

昔は、宇治金時が一番高価な氷だったからかな。

練乳のかかっているのを食べていた記憶があります。

 

甘味処に出かけて食べました。

子供たちはまだ小さかったな。

 

池袋北口の氷カフェ あん かき氷「宝石箱」

 

 

娘が東京で食べたという あんさんの「宝石箱」

きれいですね。

 

あん・シロップ・練乳は白砂糖を使わずてんさい糖・きび糖・黒糖を使って、毎日手作り。ミルクベースの氷に、色とりどりのゼリーがちりばめて、お花が飾ってあるんです。中身は、つぶ餡とバニラアイス。最高においしいです。

 

食べさせてあげたかったな、と思います。

 

夫はとっても暑がりで、

冷たいものや氷を欲しがりました。

体が焼けてたのかな。

薬のせいなのか?

 

わかりません。

 

焼肉にも行きたがってた

 

そういえば、薬肉やさんにも行きたがっていました。

亡くなる少し前にも、

 

「今日焼肉行こうか!」

 

と言っていたような・・・。

 

でも、私は夕方から英語の塾をしていたので行けず・・・。

 

とっても悔やまれます。

私自身の対応で、夫との時間をもっと長く大切にすることができたのではないかと、深い後悔と反省の思いがわいてきます。

 

医者はやっぱり高級取りです。

でも、それに見合う、

いえそれ以上にたいへんな仕事だと思うこともありました。

 

そのあたりのことも、また後日書いてみたいと思います。

命の危険があるような暑さが続いてみます。

みなさま、くれぐれも熱中症にはお気をつけください。

 

新婚時代に楽しんだレストラン うなぎ フレンチ イタリアン スパニッシュ