息子の受動喫煙にふりまわされた2か月が終わった
Pocket

息子の煙草アレルギーにふりまわされた数か月。

息子は毎日、どんなに気を付けていて受動喫煙してしまう日本から逃げ出して渡韓しました。約1か月半ほど過ぎ、やっと落ち着いてきました。

 

息子の受動喫煙症にふりまわされた日々

 

 

煙から逃げようと、毎日毎日、あっちに行ったりこっちに来たり。

 

「今ちょっといい。」

 

と電話があったと思うと、その数分後には、

 

「もう苦しい。どうかなっちゃいそう。」

 

という電話。

 

そんなたいへんな日々が2か月くらい続いていました。

その間、お店の売り上げはがた落ち。

仕事どころではなく、その日暮らしがせいいっぱい。
しかも父も遠くの病院に入院中なので、
週に2度くらいはお見舞いに出かけたり。

 

でも、息子が日本に見切りをつけて韓国に行き、
それでも最初は落ち着かずにたいへんでしたが、
やっと良い病院で治療を受けることができるようになり、
症状もおさまってきて落ち着いてきました。

 

この間の損失は計り知れません。

 

また、韓国では14万円もするアレルギー検査を自費で受けました。

日本ではできないような丁寧な検査です。

(韓国民なら保険適用で1割負担で受けられるそうです)

 

その結果は煙草以外のアレルギーはないとのこと。

 

煙草の煙によって酸欠になる

 

煙草の害は、とくに酸欠という形で息子を苦しめていたようです。

 

夫が思い返せば、かなりのヘビースモーカーだったため、

息子は赤ちゃんの頃から、酸欠状態に置かれていたということです。

 

そのために、だるくて苦しくて、忘れ物も多く身長も伸びなかったのです。

スポーツなど、酸欠状態でできるわけもありません。

 

ただ、水泳は酸欠の影響を受けにくいスポーツということで、

水泳だけは得意でした。

 

 

幼い頃から家庭内で煙草という暴力を受けていなければ、

もしかしたら、もっとスポーツも勉強も優秀だったのかもしれません。

まったく違う人生が、息子の前に開けていたのかも・・・。

 

そのことに気づいた息子は、父親によって受動喫煙を強いられていたことが許せないようです。

 

赤ちゃんのころから目の下にくまが

 

赤ちゃんのころから、目の下にくまがあったわけが、

今になって、やっとわかりました。

 

煙草の毒を受動喫煙させられていることによる酸欠状態だったのです。

 

 

赤ちゃん、くま” で検索すると、たくさんの記事が出てきます。

どれもいい加減なことが書いてあります。

 

無知なために、こうして受動喫煙を受けて苦しんでいる子供たちのなんと多いこと。

韓国は、禁煙がきっちりしていて、煙草を吸うなんて恥ずかしくて友人にも内緒にするそうです。意識の違いも大きいですね。

 

こうした韓国と日本の子供たちが置かれている状況の違い。

これは、将来的に国力の差となって表れてくるでしょう。

 

・幼い時の受動喫煙によって、おとなになってからもアレルギーを突然発症したり、肺がんになったりする。突然死も起こる。

 

・医療費も膨れ上がって国の財政を圧迫する。

 

・日本製品の品質も落ちる。生産性も落ちる。

 

・ひとりひとりに教育費をかけておとなになった子が、突然死するかもしれない。

 

・化学物質過敏法になりやすくなって、まったく働けなくなるかもしれません。

 

などなど、考えられることにはきりがありません。

すでに、その兆しはあります。

 

今回、息子が韓国に行ってみて初めて分かったのですが、

いまや韓国は日本より進んでいます。

 

禁煙医療の分野においては、とくに顕著です。

 

言語に関しても、日本など相手にされていないので、

通じるのは英語と中国語。

外国人が学ぶ言語は、その国の経済と大きな関係がありますね。

今や日本は世界のどこからも重要視されません。

 

いっぽう中国語のほうは、アジア圏ならどこでも通用します。

中国語が話せる息子は、どこに行っても困らないようです。

 

ジェジュンのドラマ『SPY』にも中国人バイヤーが

 

最近の私の日常について書こうと思っていたのに、

ずいぶん前置きが長くなってしまいました。

 

煙草の被害から逃れて落ち着いてきたために、

これから少しずつ生活に潤いを・・・と思っていることをご紹介しようと思っていたんです。

 

母とランチに行ったり・・・。

こちらはまた、別にご紹介いたしますね。

 

そうそう。

GYAO で韓国ドラマを見たんです。

 

無料配信のメールがきていたので、

ちょと見て見たらあまりのおもしろさにはまってしまって・・・。

夢中になりました。

 

ジェジュン主演の『スパイ〜愛を守るもの』というドラマです。

 

韓国は北の工作員がらみのドラマなど、多いようですね。

息子曰く、脱北者も、ものすごく多いそうです。

 

私は、『24』『007』などのスパイ映画がけっこう好きみたいなんです。

 

この『スパイ』もあまりのおもしろさに、止まらなくなってしまいました。

最後は一気に見てしまいました。

 

字幕なので、何かをしながらというのができません。

くいいるように見てしまいました。

 

最後ハッピーエンドでほんとうに良かった。

役者さんのお顔がきれいなので、見ていてとても絵になります。

 

 

ジェジュンの他のドラマも見たくなってしまうかも・・・。

 

アメリカのTVドラマの中では、

『デスパレートな妻たち』というのが、

ものすごく好きでしたね。

女優さんたちもきれいで、インテリアも素敵でした。

 

 

明日は月曜。

また、新しい一週間が始まるというのに、夜更かししてしまいました。

 

とうとう今年最後の1か月。

経済的にどうしようもなく落ち込んでしまった年でした。

最悪です。

 

今年も残りあと1か月。

なんとか立て直したいです。

直近の楽しみは、みきひろさんのWEBセミナー

11日の夜8時から

みきひろさんのセミナーでは、いつも、有益なことを教えてくださって広い世界に目を開かせてくださいます。ご自身の経験が深いからなんでしょうね。ものすごくご苦労もなさっているし。だから、あんなにお優しいのだとも思います。

 

11日のセミナーを楽しみに、とにかく淡々と・・・。

できることをやっていきます。

 

借金地獄から救ってくれる? 期待のセミナー視聴登録はじまってます