マックで事故 高齢者の運転はやっぱり怖い 糖尿病の薬がごそっと減った
Pocket

今朝(7月21日)、新しく通い始めたクリニックへ。

糖尿病の外来です。

 

やさしい女医さんから、

血糖値以外数値はOK。

 

血糖値だけ、ゆっくり下げていきましょう。

と、言われました。

 

お薬減りましたよ。

 

カナグルジャヌビアだけになりました。

 

前にかかっていた脳外科では、

もっともっと薬を増やす予定だったようですが、

私はすでにおかしくなってましたので、

変わって正解だったと思います。

 

前のところは脳外科で分野も違いましたし。

 

糖尿病の薬で太った メトグルコ ボグリボースなど

 

マクドナルドの店舗が事故のためドライブスルー使えず

 

帰りに朝マックを買おうと思ってマックに寄ったところ・・・。

 

 

こんなことになっていてびっくりしました。

 

乗用車がメニューが書いてあるパネルに思いっきりぶつかったようです。

でも、お怪我はないご様子で、それは何より。

 

隣の整形外科と駐車場が共有なので、

整形外科に来たお年寄りの運転で、

マックの看板にぶつかってしまったんでしょうか。

 

大きなパネルが根元からぐらぐらになっていました。

ドライブスルーは使えないので、

 

「店内でご注文ください。」

と言われて車から降りて店内へ。

 

ここでも、お年寄りが多くてびっくり。

人のことは言えませんが、マックって若い人たちばかりが利用するんではないんですね。お年寄りの利用も多いようです。

 

まぁ、私もその中のひとり。

 

 

レッカー車も来ていました。

 

高齢者の運転、ほんとうに怖いですね。

 

高齢者の車の事故のニュース耐えません

 

昨日も、高齢者の運転による事故のニュースを聞いたばかり。

 

高齢の83歳くらいのご主人の運転する車が街路樹に激突。

ご本人は軽傷だったようですが、

後部座席に乗っていた70代の奥様が頭を強く打って亡くなったとか。

 

母も、数年前に車の免許の書き換えに行った際に更新を断念して返却しましたが、良かったと思っています。

 

返却前は、ちょっと乗ると、あっちにこすり、こっちにこすり。

車の生傷が絶えない状態でした。

 

私のところに来た際にも、

駐車場が広いのに、

なぜか私の車にぶつかっているのに、

そのままバックを続け、

私の車に大きな傷をつけてくれました。

 

なんでも、身内の場合は保険が出ないとかで、修理もしておらず、

私の車は今も傷がついたままになっています。

 

あのまま乗っていたら、大きな事故につながったかもしれず、

怖いことになっていたかも。

返納してよかったと思います。

 

高齢ドライバーの危険性 事故や免許返納のことなどについて考える

 

酷暑やまず2018の夏 暑いです

 

それにしても暑い!

 

ちょっと外に出ると、どうにかなってしまいそう。

高校野球の予選大会のために、

球場前の道路はすごい渋滞していますが、

みなさん、くれぐれも熱中症にはお気をつけて、

と祈らずにいられません。

 

女子高の前のスーパーに行ったら、

女生徒がグラウンドのまわりを走っていました。

午後1時。

 

一番暑い時間です。

だいじょうぶなのかな。

 

がんばって精神力で乗り切れる暑さではありません。

がんばりすぎると、ほんとうに死んでしまう暑さレベルです。

2年後の東京オリンピックも死者が出るのでは、と心配されているそうですね。

皆様も、くれぐれもご留意ください。