帯状疱疹になってしまいました
Pocket

ここ4週間あまり、左の脇というか腰というか・・・。
とにかく体の真横が痛くてどうして痛いのかわからず、
鎮痛剤を飲み続けておりました。

 

3週間過ぎたところで、この痛みの原因は帯状疱疹だったことがわかりました。

 

帯状疱疹は何度でもかかる

 

今回は、誤診によって抗ウィルス薬を服用するまでに4日ほどロスをしてしまいました。

 

抗ウィルス薬を処方していただくと、

うそのように早く良くなります。

 

私がかかったのは内科で、しかも来務(?)の先生なのか、

とっても年配の方で、専門外であるだけでなく、

最新の医療情報を持たない方でした

 

しかも、専門外にも拘らず、

その場で調べようとしない。

自分の知識は絶対と思い込んでいる。

こういう医者が日本には、とくに年配の医師には多いですね。

 

ですから、原因不明に痛みがあったとき、

なるべく早く自分でも帯状疱疹を疑って皮膚科の判断をあおぎ、

なるべく早く抗ウィルス薬を服用して悪化しませんように、

帯状疱疹のとくに初期症状について、

私の経験をお知らせしたいと思います。

 

まず、

 

帯状疱疹は何度でもかかる

 

ということ!

 

その昔は、帯状疱疹は一度かかれれば二度はかからないと言われていましたが、最近では何度でもかかるようになっているそうです。

 

とくに50代を過ぎたらかかりやすい

 

免疫力が低下すると、体の中に潜んでいる水ぼうそうのウィルスがあばれてなるのが帯状疱疹。

 

ですから、高齢になって抵抗力が低くなってくるとかかりやすくなります。

今回も医師から、

 

「あと5年くらいはかからないと思うけど、

その後は何度でもかかる可能性はあります。」

 

と言われました。

 

年齢が進んだら、とにかく無理は禁物ですね。

 

帯状疱疹の初期症状

 

今回、帯状疱疹であることがわかるまでに3週間ほどかかってしまいましたが、それまでにどんな症状があったのかご紹介します。

 

帯状疱疹になってしまった場合には、

とにかくなるべく早く抗ウィルス薬を服用することが重要ですから、その判断の1助になれば幸いです。

 

体の片方が痛い

 

帯状疱疹の特徴として、

体の半分に帯状に症状がでるということがあります。

 

ですから、体の片方だけが痛いときには帯状疱疹かも。

という意識を持ったほうがいいかもしれません。

 

お風呂に入ると楽になる

 

帯状疱疹は、お風呂に入ってゆったりし体を温めると、

一時的に痛みがひいて楽になります。

 

体の片方だけがピリピリ痛くてお風呂に入ると楽になるとしたら、帯状疱疹の可能性が高いかもしれません。

 

便秘になる

 

私は医者から

「便秘になりませんでしたか?」

と聞かれました。

 

そういえば、一度だけ便秘になったんです。

便秘なんて生涯のうち、数回しか経験したことのない私。

 

珍しいな。

猫のまおちゃんは、便秘でこんなに、いえもっと苦しかったんだろうな、

ほんとにかわいそうなことしたなぁ。

 

と思いました。

 

①お風呂に入ると楽になる

②便秘になる

 

この2点は、交換神経副交感神経の働きによるものです。

 

 

自律神経の基礎知識 【交感神経と副交感神経】

わかりやすい図がありましたのでお借りしました。

 

帯状疱疹のときは、ウィルスが神経に入って興奮してしまっている状態。

交換神経が働いている状態です。

副交感神経が優位になって、ゆったりした状態になると、

痛みはやわらぐはずなのです。

 

ですから、お風呂に入ってゆったりすると痛みが一時的に和らぎます。

 

また、交換神経が優位になっているので、

緊張状態により胃腸の働きが抑制されて便秘になるというわけです。

 

ここまでのことをまとめると、まだ発疹が出ていなくても、

次のような症状があれば帯状疱疹を疑って皮膚科を受診されることをおすすめします。

 

①体の片側だけに痛みがある。

②お風呂に入ると痛みが和らぐ。

③便秘になる。

 

熱っぽくて風邪かな?と思う症状が

 

さらに、私の場合は、

体が痛くなってきて1週間過ぎたころ、

なんとなく熱があるようなないような時期がありました。

 

あるようなないような、

というのは、1日のうちでも変動があったからです。

 

自宅ではかると、何度はかっても36.8度。

(それでも少し高めです)

 

父の病院ではかると、

(面会前には検温が義務づけられています)

37.2度もあったときがあって自分でも驚きました。

 

風邪かと思って近所の医者を受診したときには、37度。

でも、自宅にもどると36.8度。

 

家の体温計がおかしいのかと思いましたが、

そうではなかったようです。

 

この頃は、ほんとうに少しだけ微熱があったのです。

 

体もだるい

 

そして、なんとなくだるくてやる気が出ませんでした。

 

「もっと、いろいろてきぱきやらなくちゃいけないのに、だめだなぁ。」

と思っても、やる気が出ない。

 

仕事の能率が悪い。

 

今、少し回復してきたのでわかりましたが、

その頃はやはり体調が悪かったのです。

 

それで、なんとなく体がだるくて動けなかったし、

気分的にもやる気が出なかったのです。

 

帯状疱疹にかかっていたからです。

 

でも、2週間くらいは発疹もありませんでしたので、

原因はわかりませんでした。

 

発疹が出ない帯状疱疹もある

 

しかも、医者や薬剤師の話だと、

現代では発疹の出ない帯状疱疹もあるそうです。

 

皮膚症状が出てこないと、診断をつけるのは、

たいへんに難しいとのこと。

ごもっともです。

 

私の場合は2週間の痛みのあとから発疹が

 

私の場合は、2週間あまり体の横、脇のウェストあたりが痛くて痛くて、

その後に発疹が少しだけできてきました。

 

よくある写真のように、横半分、前から後ろまでぐるっとというわけではありません。

ほんの数センチだけが赤くなりました。

 

そして、おなかの真ん中あたりにぽつんとひとつ赤い点が。

背中にも、ぽうぽつと赤い点が。

その間はつながっていません。

 

最初は、痛みのためにロキソニンテープを貼ったので、

かぶれたのかと思ったんです。

 

その時点で内科を受診しましたが、

誤診に終わりました。