娘がものすごくかわいがってた猫
Pocket

マオちゃんのこと、娘が猫っかわいがりにかわがっていました。

変わった形で、愛嬌があって、

ほんとにかわいかったよ。

 

マオちゃんのことを考えていると、

いろいろ思い出します。

 

夫が亡くなったのは、娘が高校2年生の時。

 

私は、とてもつらくて笑うことができませんでした。

胸にいつも、何かが使えている感じ。

 

それまで芸能とか、歌とか、まったく興味がなかったのですが、

娘が

「これすごくおもしろいよ。」

と言って、強制的に動画を見せられたんです。

 

それが、当時、大人気だった東方神起のTV番組の動画。

確かにおもしろかった。

 

見ながら、げらげら笑えました。

 

それからです。

私は笑えるようになって、ひとつ山を越えた・・・

というか吹っ切れて。

 

そして、やっぱりマオちゃんのことに思いは戻ります。

 

マオちゃん、かわいかったね。

階段は足揃えぴょんぴょん降りで・・・。

 

「動画撮ってアップしたら?」

と言っていたほど、見どころのある階段の降り方でした。

 

 

マオちゃんが死んでしまったのは私のせいです。

弱っている高齢猫を、寒いところに一晩も二晩もほっておいたから。

マオちゃん、ごめんね。

 

いつもならすぐに飛んでくるのに、

来ないということは弱ってるってことなのに。

ほっておいてしまって・・・。

 

ずっしりしてたマオちゃんがあんなに軽くなってしまってた。

その時点で、すぐに医者に連れて行くべきだった。

 

もうだめだ。

明日、仕事が手につくだろうか。

 

つらい、つらい。

こういう時、ひとりでいるがのつらいと初めて思いました。

 

もっとちゃんとマオちゃんを見てあげていれば・・・。

寒い中にほおっておいて死なせてしまったことが、

どこまでも、どこまでも悔やまれます。

 

ペット葬儀 お別れ お見送り布団 3点セット なんていうものがあるけど、

今から注文しても間に合いませんね。

 

悲しい。悲しい。

マオちゃん、ごめんね、ごめんね。

ひとりで寂しく冷たい床で死なせてしまって悔やまれます。