久しぶりの我が家でのお料理 IHクッキングコンロを使うことに
Pocket

お店は家賃がもったいないので、引き上げて広さのある自宅に在庫なども移すつもり。

久しぶりに自宅でお料理をしようと思ったところ、

なんとずっと使ってなかったため、ガスがつきませんでした。

 

ガスが使えない

 

 

ガス会社の方に見てもらったのですが、

もとのほうがさびていて、

まるごとガス台を変えないとだめなんだそうです。

 

お気に入りのYAMAHAのキッチンだったのですが、

変えるとなるとたいへんな金額がかかってしまいます。

 

しかも、現実のところ自分ひとりなのに変えるなんてもったいなさすぎ。

さらには賃貸になってしまった自宅ですから、なおさらのこと。

 

おそらく猫のおしっこがかかっていて、

それが原因でさびてしまったのでは・・・。

 

 

お花の柄のタイルも、とっても気に入っているキッチンです。

残念なこと。

 

毎日使わないとだめですね。

 

IHクッキングヒーターを使うことに

 

ガスがだめということで考えたのがIHクッキングヒーターを使うこと。

 

いろいろ検討して決めました。

 

① コストが安いこと
② 火力が強いこと
③ タイマーがついていること

 

この3点を満たすものを探しました。

 

①コストが安いこと

 

どうやらプロパンよりIHクッキングヒーターのほうが運転コストがお安いらしいんです。

ガスのカセットコンロを毎日使うと、

とても高くなってしまいそう。

 

そこで、購入するのはIHクッキングヒーターで決まりです。

 

②火力が強いこと

 

 

いろいろ調べていくと、1000Wのものは購入時はお安いのですが、

火力は強いほうがいいと思い、一番強い1400Wのものにすることに決めました。

 

すると、少々お高くなりますが2,000円程度のことなので

今後、ずっと使うことを考えると火力の強いほうにしました。

 

写真ではIHマットのオレンジを敷いています。

マットを選ぶときも、耐熱温度の高いものを選びました。

柄のかわいいものもあったのですが、

こちらは耐熱温度360℃と高いので、こちらにしました。

 

③タイマーがついていること

 

最初に購入してしまったのがタイマーがついていないものでした。

いざ使おうと思って、タイマーのないことに気づき、

「あら、たいへん。」

 

せっかく届けていただいて申し訳なかったのですが、

タイマーつきのものに変更することにしました。

 

タイマーは一番大事。

 

お鍋をかけてタイマーをしておけば、

その間、他のことをしていられるのです。

 

切り忘れなどの心配もありません。

 

無水鍋も購入して早速お鍋をお料理

 

IHコンロには、どんなお鍋を使えばいいのか心配で無加水鍋24cm 深型も一緒に購入しました。

 

無知な私でしたが、ステンレスのお鍋でも良かったんですよね。

購入してしまったからには上手に使い倒したいと思います。

 

今日のお鍋 キムチチゲ

 

 

早速、こんな感じでお鍋をセット。

 

1時間のタイマーをセットしました。

お鍋なので、お水も入れたほうがいいかもしれませんが、

せっかくの無水鍋なのでお水を少しにしてみました。

 

 

それにしても・・・。

24cmのお鍋はとっても大きかった。

 

ひとり分の料理には大きすぎました。

でも大は小を兼ねるので・・・。

お鍋、こんなに大きいです ↓

 

 

4人分くらいのお鍋ができてしまいましたね。

 

 

タイマーが切れてできあがっているのが楽しみ!

 

 

コンロカバーも購入して、すっきり。

でも、こんなものがあったのを後から見つけました。↓

 

 

こちらにすればよかった。

大理石天板で今のキッチンにぴったりだったのに。

もっと良く探すべきでしたが、まぁしかたありませんね。

 

お野菜がたくさん食べられるようになったので、

糖尿病これで良くなるかな?